FC2ブログ

ピアノ ヤマハ音楽教室

母娘の二人三脚ピアノレッスン物語 > スポンサー広告 > 娘を自分の恩師に託す> ヤマハ 4年終了後の進路 > 娘を自分の恩師に託す

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘を自分の恩師に託す

2016年02月11日(木)

りおんです。
娘のかのんのインフルエンザが移ったみたいで、ブログの更新が2日開いてしまいました^^;

『はじめまして』の記事からずっと続いているこのシリーズ。

ヤマハ音楽教室を4年終了したあとの進路にとーーっても悩んでいます。

選択肢は5つ。

今回はそのうちの、

4、母(わたし)の先生の所に通う
 (習った先生は何人もいるので、どの先生にするのかまた悩む)


について、考えてまとめてみたいと思います。


母りおんが今までに習った先生のうち、今でも連絡をとっている先生は3名。


①ヤマハの最後2年の時に習ったグループのA先生。

A先生は、ヤマハをやめた後、大学受験までずっとレッスンしていただきました。

娘をお願いするとすると、

≪メリット≫

子供をずっと教えていらっしゃるのでべてらん。

人柄が最高で親身になってくれる。

発表会がある



≪デメリット≫

遠い


緑ピアノ

デメリットは遠い、くらいしか浮かびません。

りおんは小3の時からA先生のご自宅まで通っていました。

毎週土曜日に、片道2時間かけて行っていましたが、

娘にそれをさせる事はちょっと想像つきません^^;

りおんの親、よく行かせたなぁ、、と思ってしまいます。

それはそれは小旅行でした。

今の先生のご自宅も、1時間はかかると思います。

やっぱり毎週通うには遠いと思います。

発表会があるところが最大のメリットです!

私も一緒に出られるし、親子で連弾もできます!

発表会ってなんで必要?!

って思うかもしれませんが、絶対に必要です。

その話は長くなりますので、またの機会に記事にしますね♪


anime kiiro


②大学からお世話になったB先生

この先生は大学教授です。

音が綺麗で、ちょっと弾いただけで神か?!

と思うほど、キラキラした音を奏でます。

うっとり・・・。

尊敬・・・・。

って、本題に戻りますと、

≪メリット≫
小さい時から超一流の指導が受けられる

母りおんも一緒にレッスンを受けられる



≪デメリット≫

発表会がない

レッスン費が高い

遠い



遠い、というのはどの先生もうちから1時間はかかるので同じですね。
やはり毎週通うには1時間は遠いです。

発表会がないのが一番のデメリットです。

この先生は小さい子供を専門に教えているわけではないので、発表会がありません。

そして、やはり大学教授なのでレッスン費が高いです。

レベルも高いのでそれは仕方がないのです。

なのですが、かのんはピアニストになりたいと言っているわけではないので、

やはりこの先生にみていただかなくてもいいのかな、、という気もするのです。

うーーん。><

私も一緒にレッスンをお願いできる、という点は良い点です(笑)


③仕事先で知り合ったC先生

この先生は、ピアノ弾きの仕事で知り合った先生です。

ひよっこのりおんに対して、良きアドバイスをくれ、弟子としてレッスンもみていただきました。


≪メリット≫

きめ細かなレッスン

基礎からじっくりみてくれる

発表会がある(たぶん)

りおん憧れの、ベーゼンドルファーでレッスンが受けられる(。>ω<。)ノ




≪デメリット≫

遠い

レッスン費がやや高め



C先生は、プロのピアニストで、お弟子さんもそこそことっている先生です。

でも、B先生と同じく、子供を対象とした教室を開いているわけではないんですよね。

レッスン費もB先生とそうも変わらず、子供の習い事費としては高いです。

詳しい費用のことはまた別に記事にしますね^^

発表会も、多分大人の方と一緒なのかなーと思います。

同じくらいの子供や、ちょっと先輩がいる中での発表会がやっぱり成長につながるのかなーーと思います。

そう考えると、A先生の発表会とはちょっと違ってしまうんですね。

この先生はとってもざっくばらんに話して頂ける先生で、とっても話しやすいんです。

大人になってから出会ったのですが、本当に基本からみてくれて、根本から直そうとしてくれる、指摘してくれる、そんな実直な性格の先生です。

ピアノは、A先生とB先生はYAMAHAのグランドピアノ
C先生はベーゼンドルファーです♪

C先生のお宅のピアノをまた弾きたいなーーと思ってしまいます。

B先生宅はスタインウェイがあるのですが、YMAHAと二台並んでいて、生徒はYMAHAなんですよね(笑)

2台ピアノの時だけ、セカンドの生徒がスタインウエイを弾けます。

後は、本番の前くらいですかね~笑


黒塗りの、こんなピアノです。
※もうちょっと高いのでは、、と思っています(ノ∇≦*)



A先生、B先生、C先生。
そうなんです。
どの先生も大好きで、良いところが違うので、悩んでしまうんですねーー><
書いてまとめてみても、益々わからなくなりました(笑)

次の記事で、りおんの本音をもっとダラダラ書いても良いですか?!

次へ続きます。


今日も読んでくださってありがとうございました^^
読んだよポチっ、してねっ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者






関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。