ピアノ ヤマハ音楽教室

母娘の二人三脚ピアノレッスン物語

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピティナ選曲と、新しい教室でのレッスン

2016年04月27日(水)

りおんです。

随分ご無沙汰してしまったのですが、
この期間、めまぐるしくピアノ活動を続けていたんです!

まず、思い立ったらすぐ行動がモットーのりおん。

グランドピアノを購入しましたよ!!!

はい、この話はまたゆーーっくりと。


新しい音楽教室でのレッスン。
これがとーーっても母娘共に勉強になっています。

若いと思っていたかのんのピアノの先生。
なんと、ピティナをはじめ、数々の国際的なコンクールでも入賞している実績をお持ちの、素晴らしい先生でした。

若い音大生かな?と思った第一印象を、申し訳なく思い、先生に直接、

『こんな輝かしい実績の先生にみていただいてよいのでしょうか、うちの娘』

的なことを口走ってしまいました^^;

でも先生はとても謙虚でいらっしゃって。
お育ちがとっても良いのがわかります。

田舎のご出身だそうで、小学生の頃からピティナの全国大会で、都内に来ていたそうです。
旅行に行けるからがんばろーー♪

くらいの軽いお気持ちだったそうで。
それで結果がついてくるなんて、本当に素晴らしい!

で、題名のピティナの選曲。

一次でベートーベンのソナチネを考えていたわたし。

一次の常識的には、バロック+近現代がお決まりコースになっているそうです。

そうなのねーー!

そして、近現代にカプリチェットを選択したので、バロックはブーレーになりました。

一番易しい曲は明らかにハンガリー行進曲です。

でも、ギロックのカプリチェットは半ページの曲。

ハンガリー行進曲も半ページの曲。

短い曲ばかり選ぶのは良くないのはりおんでもわかりました。

ですので、先生はブーレーを進めてくださいました。

カプリチェットはかのんがとても気に入って、すでに譜読みが終わってペダルをつけています。

でも、先生は、かのんちゃんにはハチャトリアンのスケルツォも合ってると思うけど

と言っていただきましたので、一応譜読みをしてみようと思ったものの、かのんのとっかかりが悪い^^;

この曲は、B級の子供たちに曲そうを理解できるのかな??
母りおんも難しいんですけど、、、^^;

先生に正直に聞いてみると、多分入賞している子供たちでも、曲想を理解して弾いているわけではないでしょうね~と。

真似が上手いんだと思います、と。

そうなのね~。
ちょっと安心した(笑)

この曲はまず、何調??
ってところから始まります。
答えはハ長調なんだけど、無調という感覚なんだそうです。

ピティナに出ているお子さんは、本当に表現力豊かに、体から音が沸きあがっているような、大人顔負けのパフォーマンスをされますよね。
全て曲を理解しているわけではなく、先生や大人の見よう見まね、っていう点もあるんでしょうね。
良いか悪いかは別として、ピティナに好まれる演奏って昔から変わらなくて。
良い所はどんどん取り入れて、受けるからには予選突破しないとですもんねー。

わたしは内心、今年は試しに受けてみたいので、予選だけで満足~と先生に言ったら、

受けるからには本選まで進んでほしいと思っちゃいます!と。

ほわわーーんとした雰囲気の先生の、強い意志が感じられた瞬間でした。
戦う気持ちがある先生、それに勝ってきた先生、心強いです♪

で、クラシックの選曲。
あっさりベートーベンは却下されました 笑
ベートーベンは、よほど自信のあるお子さんが選ぶ曲だそうです。

今のかのんには、うーーん、、

ハイドン!

母りおんと先生、ハモりました 笑

そう、ベートーベンの一歩手前がハイドンのイメージ。

ベートーベンはテクニックも表現力も必要です。


という訳で、一応4曲中3曲が決定。

ロマン派は、やさしい花が良いかな?
と思っているけど、先生に相談。

今はブーレーの譜読みの後半をがんばっています。

ハイドンもちょっと譜読みさせて、次のレッスンに備えようと思います。

かのんの課題、音符が読めないこと。。。

これは日に日に深刻化しています。。。。

先生に勧めて頂いたのは音符カード。

早速ヤマハに行って購入してきましたよ。

♪くおん おんぷカード S  3-01-02
価格:864円(税込、送料別)




先生も子供の頃、似たようなものを使っておられたそうです。
ゲーム感覚で兄弟でやると良いみたい。

また使っている様子もアップしたいと思います。




今日も読んでくださってありがとうございました^^

読んだよポチっ、してねっ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者


ピアノ ブログランキングへ









関連記事
スポンサーサイト

ヤマハをやめた後の進路決定!体験レッスンレポ

2016年04月02日(土)

りおんです。

ヤマハ以外の他の教室を探そう、と思い立って4ヶ月。
やっと教室を決めました!

ずっと楽しみにしていた音楽教室の体験レッスンに行ってきました。

大きな音楽教室で、とっても現代的にシステム化されている印象でした。

≪30分の体験レッスン≫

ピアノ個人レッスン15分+教室説明15分

ピアノレッスン♪

とっても若い先生で、大学生のバイトかな?
と思ったくらいで、少し不安になりました。

小さな声で囁くような話し方でゆっくり。
→わたしとは真逆な感じ^^;かのんは、しーーんとした雰囲気の中、いつになく集中していました。

教え方は的確
→初めて弾き終えると、まず「上手だね。弾けてるね。」と声をかけてくれてから、「ここはね、、」と指導に入る。

実際の先生の指導を聴いて、なるほど!
と思った箇所が沢山ありました。

心に残った言葉は、
「バッハは指の力が必要だからね」
です^^

かのんが弾くバッハのメヌエットは聴いてるとなんか違うなーという感じでした。
バッハっぽくならないんです、と私が伝えて聴いていただきました。

そう、指の力ね!
ヤマハではエレクトーンを触るので、指の力つきませんよね。
課題です。

先日買ったバスティンの指の練習の本も持って行ったのでみていただきました。

特に左手の指の形を言われていました。
注意してみよっと!

〔まとめ〕
母が教えるよりも、あきらかに集中している。緊張感がある。

優しい先生で、かのんには合っている。

指導が的確なので上達しそう。

不安は、慣れてきたら緊張感はなくなるかな?調子に乗り出すかな、娘、くらいです。


説明♪

説明は主宰の先生でした。
どんな感じのテキストを使っているのか、どんな生徒が来ているのか、ピティナのこと。その他。

話も弾み、45分経過していました^^;

〔良かった点〕
ピティナを受ける生徒が他にもいるらしく、特別特訓なども行っているらしいです!
めちゃめちゃ熱い!!
音楽感などもわたしと意見が合ったのでほっとしました。

親が付き添っている生徒が半数いるらしい!
毎回ついて行っても目立たない♪うふ

グランドピアノが4台くらいある。
レッスン室はヤマハのC3かC6
スタインウェイもあり♪

若く見えていた学生かと思った先生は、一流音大の大学院を卒業されていました。
かなり安心!(失礼いたしました!)
娘も言うことを聞いていたので相性も問題なさそう。




今日明日中に入会を決めると入会金が半額、とお決まりの文句もありまして、その場で決めて帰ってきました。

一番驚いたのが、帰宅後のかのんの変化!!!!!

今まで無理やり練習させていたのに、


1人で譜読みをして、ギロックのカプリチェットを2段弾けるようになった!!(=゚ω゚)ノ


いきなりやる気モードに変身!!!

気持ち悪い。。。笑
いつまで続くのかわかりませんが、やる気になってくれて良かった^^

がんばろう!




今日も読んでくださってありがとうございました^^

読んだよポチっ、してねっ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者


ピアノ ブログランキングへ









関連記事

いつか絶対買う

プロフィール

りおん

Author:りおん
ピアノ歴30年。好きな作曲家はショパン、シューマン、ラフマニノフ。小4の娘かのんにピアノを教えながら、一緒にピアノを学び直しています。母娘二人三脚でピアノ上達を目指し中♪ヤマハ音楽教室のこと、ピアノの上達法などを更新しています♪(娘はピアノ停滞中)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。