ピアノ ヤマハ音楽教室

母娘の二人三脚ピアノレッスン物語

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験レッスンのお教室から電話あり

2016年02月15日(月)

りおんです。

ブログ村に登録してから、このブログを読んでくださる方が増えて嬉しいです^^

私と同じく、娘さんを持つお母さんが多いのかな?

『娘を母が教える』と、検索できてくださる方もいらっしゃいまして、嬉しいです~!+゚。*(*´∀`*)*。゚+



さて、今日の昼間、体験レッスンを申し込んだピアノ教室から電話がありました。

大きなスクールなのですが、経営者の先生ご本人からのお電話で、ちょっとびっくりしました。

前回はコールセンターの方なのかな?
っていう、あまり感じの良いとは言えない男性だったのです。

電話くれた先生は、とっても声が可愛らしくて、でも仕事できるぞ!
って雰囲気が伝わる感じでした(」*´∇`)」


電話で言われたことをまとめると、、

 ■体験レッスンは、実際に通える曜日にきてもらいたい

 ■来年度のスケジュールにもう少しで変わるから、改めて連絡する


体験レッスンでみるのは、
 
 ■どのくらい弾けるのか
 ■苦手なのはどんな部分か
 ■使っている教材があればもってきて
 ■やっている曲があればもってきて


お教室のことを質問したら教えてくれたこと

 ■楽しくて続けてる子もいるが、音大、音高を目指している生徒もいる。実際に合格している。

 ■ソルフェージュが月1回ある。学年ごと、レベルごとに分かれる。

 ■年に1回春に発表会がある。(かのんは間に合わない。涙)



なんかとっても印象が良くて、内容もよさそうなので、

『私が教える』っていう選択肢は一瞬どこかに行ってしまいました(笑)
 
それくらいすんごく良さそう(((o(*゚▽゚*)o)))

また連絡が来たら記事にします。



今日、本棚からあさってたまたま手にした本
↓↓



芸術家には、絶対的な終着点というものはなく、
遥かな高みへのステップアップが続いていくだけなのです


この本いつ買ったか、どこで買ったかも忘れていたけど、
多分初めて読んでみたけど、、笑

この帯とはじめに、を読んだだけで、なかなか納得です!
全部読んだら紹介しますね♪



今日も読んでくださってありがとうございました^^
読んだよポチっ、してねっ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者









スポンサーサイト

自宅で母がピアノを教えられる?

2016年02月13日(土)

りおんです。

娘のピアノレッスンの進路、悩んでいます。。

わたしの先生の所に習いに行くとしてもどの先生も遠い。

小学3年の娘を1人で通わせるのはとっても不安なのです(ノ_<)

という事で、月1~2回レッスンに通い、残りは母りおんが自宅でみるというのはどうかな?

と思いついたわけです。

ピアノは、大きくなるにつれて

レッスンに通うことよりも、どれだけ自宅で練習をするか


って事が重要なポイントになってくるのです。

yamahaグランド


ピアノ上達のための工程は、

〔自宅で弾けるようにしてからレッスンを受ける→直される→また練習する〕

の繰り返しなので、いかに自宅である程度弾けるようにしていくか(譜読み)

そして、レッスンで直された箇所をいかに次のレッスンまでに身に付けてこられるか

そこが重要になってきます。

自宅で全く練習しない場合や、練習が少ない場合には、レッスンの時にその場で弾くしかないのですが、その場合は進度が遅くなります。

その場合でも全く弾けるようにならないわけではないですが、自宅で練習してきて、と先生からは間違いなく厳しく注意されますね(笑)

話がそれましたが、自宅での練習が大切なので、

その部分を自宅でわたしがフォローすれば、レッスン回数が半分だとしても十分進めていけるかな??

と考えています。
安易な考えなのかなぁ^^;

と、

そこが自信ない○| ̄|_


親子でちゃんと頑張れるのか?

喧嘩にならないか?

かのんは私を嫌いにならないか?笑

など、そんな心配もありますしね(´・_・`)


とにかく、気になっているお教室の体験レッスンを予約して、

まずはレッスンを見てこようと思います♪───O(≧∇≦)O────♪


そこからだよね!!!

何かまた考えが変わるかもしれないしね!!

そこに通わせたい!!って強く思うかもしれないもんね♪


長いシリーズを読んでいただきありがとうございました。



次回は、かのんが学校の音楽の先生にもらった曲を練習しているので、

そのことを記事にしようと思います^^

6年生を送る会?集会?で弾くらしいです。


今日も読んでくださってありがとうございました^^
読んだよポチっ、してねっ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者









良い先生を選ぶ条件とは?

2016年02月12日(金)

りおんです。
前回の記事『娘を自分の恩師に託す』のつづきです。

今回はかなり私情をダラダラと書くだけの回になる予感^^;

A、B、Cの先生で悩むのは、条件が違うのはもちろん、どの先生にも良いところがあるから。

そして、りおん自身がピアノをかじっているので、技術面でも冷静に判断してしまうからなのです。

A先生は子供を教えるには一番良い先生。

B先生はとにかく心を動かす演奏をする方。

C先生はテクニックをしっかり教えてくださり、きっちり曲が仕上がる


などなど。

りおんは18歳以降はB先生、C先生に習っていますが、

B先生のピアノは本当に素敵なんです。
絶対に一生届かないような、神の領域。

なので惹かれるんです。
レッスンに通いたい。

C先生は本当に基本から直してくれて、
きっちり1曲を教えてくれる。

そう、りおんはどちらの先生にも習いたいんです><

娘をダシにして、どちらかの先生の所へ一緒にレッスンに通いたいとも考えました。

で、どっち?><

はぁー悩む。悩む悩む。。

でも、やっぱり発表会に出したいのはA先生の教室(笑)

青空 木



うーーん、わかりました!!!

答えがでないので、、

気になっている教室の体験を申し込む(この記事で書いた教室)

これをしてみたいと思います!!

そして、どの先生の所に行ったとしても遠いというのは難点なで、
やはり毎週は通えないと思うのです。

一緒について行くとしたら月に1回か2回かなぁと思うのです。

なので、足りない分は私が自宅でみようかな?

という訳で、次回は、最初の5つの選択肢の中から、


5、母(わたし)が教える+たまに先生の所に通う


について、じっくり考えてみたいと思います!(*´ω`)┛


今日も読んでくださってありがとうございました^^
読んだよポチっ、してねっ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者










娘を自分の恩師に託す

2016年02月11日(木)

りおんです。
娘のかのんのインフルエンザが移ったみたいで、ブログの更新が2日開いてしまいました^^;

『はじめまして』の記事からずっと続いているこのシリーズ。

ヤマハ音楽教室を4年終了したあとの進路にとーーっても悩んでいます。

選択肢は5つ。

今回はそのうちの、

4、母(わたし)の先生の所に通う
 (習った先生は何人もいるので、どの先生にするのかまた悩む)


について、考えてまとめてみたいと思います。


母りおんが今までに習った先生のうち、今でも連絡をとっている先生は3名。


①ヤマハの最後2年の時に習ったグループのA先生。

A先生は、ヤマハをやめた後、大学受験までずっとレッスンしていただきました。

娘をお願いするとすると、

≪メリット≫

子供をずっと教えていらっしゃるのでべてらん。

人柄が最高で親身になってくれる。

発表会がある



≪デメリット≫

遠い


緑ピアノ

デメリットは遠い、くらいしか浮かびません。

りおんは小3の時からA先生のご自宅まで通っていました。

毎週土曜日に、片道2時間かけて行っていましたが、

娘にそれをさせる事はちょっと想像つきません^^;

りおんの親、よく行かせたなぁ、、と思ってしまいます。

それはそれは小旅行でした。

今の先生のご自宅も、1時間はかかると思います。

やっぱり毎週通うには遠いと思います。

発表会があるところが最大のメリットです!

私も一緒に出られるし、親子で連弾もできます!

発表会ってなんで必要?!

って思うかもしれませんが、絶対に必要です。

その話は長くなりますので、またの機会に記事にしますね♪


anime kiiro


②大学からお世話になったB先生

この先生は大学教授です。

音が綺麗で、ちょっと弾いただけで神か?!

と思うほど、キラキラした音を奏でます。

うっとり・・・。

尊敬・・・・。

って、本題に戻りますと、

≪メリット≫
小さい時から超一流の指導が受けられる

母りおんも一緒にレッスンを受けられる



≪デメリット≫

発表会がない

レッスン費が高い

遠い



遠い、というのはどの先生もうちから1時間はかかるので同じですね。
やはり毎週通うには1時間は遠いです。

発表会がないのが一番のデメリットです。

この先生は小さい子供を専門に教えているわけではないので、発表会がありません。

そして、やはり大学教授なのでレッスン費が高いです。

レベルも高いのでそれは仕方がないのです。

なのですが、かのんはピアニストになりたいと言っているわけではないので、

やはりこの先生にみていただかなくてもいいのかな、、という気もするのです。

うーーん。><

私も一緒にレッスンをお願いできる、という点は良い点です(笑)


③仕事先で知り合ったC先生

この先生は、ピアノ弾きの仕事で知り合った先生です。

ひよっこのりおんに対して、良きアドバイスをくれ、弟子としてレッスンもみていただきました。


≪メリット≫

きめ細かなレッスン

基礎からじっくりみてくれる

発表会がある(たぶん)

りおん憧れの、ベーゼンドルファーでレッスンが受けられる(。>ω<。)ノ




≪デメリット≫

遠い

レッスン費がやや高め



C先生は、プロのピアニストで、お弟子さんもそこそことっている先生です。

でも、B先生と同じく、子供を対象とした教室を開いているわけではないんですよね。

レッスン費もB先生とそうも変わらず、子供の習い事費としては高いです。

詳しい費用のことはまた別に記事にしますね^^

発表会も、多分大人の方と一緒なのかなーと思います。

同じくらいの子供や、ちょっと先輩がいる中での発表会がやっぱり成長につながるのかなーーと思います。

そう考えると、A先生の発表会とはちょっと違ってしまうんですね。

この先生はとってもざっくばらんに話して頂ける先生で、とっても話しやすいんです。

大人になってから出会ったのですが、本当に基本からみてくれて、根本から直そうとしてくれる、指摘してくれる、そんな実直な性格の先生です。

ピアノは、A先生とB先生はYAMAHAのグランドピアノ
C先生はベーゼンドルファーです♪

C先生のお宅のピアノをまた弾きたいなーーと思ってしまいます。

B先生宅はスタインウェイがあるのですが、YMAHAと二台並んでいて、生徒はYMAHAなんですよね(笑)

2台ピアノの時だけ、セカンドの生徒がスタインウエイを弾けます。

後は、本番の前くらいですかね~笑


黒塗りの、こんなピアノです。
※もうちょっと高いのでは、、と思っています(ノ∇≦*)



A先生、B先生、C先生。
そうなんです。
どの先生も大好きで、良いところが違うので、悩んでしまうんですねーー><
書いてまとめてみても、益々わからなくなりました(笑)

次の記事で、りおんの本音をもっとダラダラ書いても良いですか?!

次へ続きます。


今日も読んでくださってありがとうございました^^
読んだよポチっ、してねっ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者







ヤマハ以外の他のピアノ教室を探そう

2016年02月08日(月)

りおんです。

前回の記事の続きです。

ヤマハ音楽教室をやめて、他の教室を探そう

と思い立ったのは11月。

ちょうどこの頃にヤマハの個人面談がありました。

インターネットで検索するも、ここだ!!

とビビっとくるお教室が見つからない(´・_・`)


そもそも、ピアノ教室に何を求めるんだろう?

どこを目指してるんだろう?


056547.jpg


×特技として、ピアノ演奏で数曲披露できるようになれば良い

×習っている事が楽しければよい



このレベルを目指しているわけではない。

だからと言って、音大を目指すわけでもない。

でもできれば、

受験の時期に音大に行きたくなったとしても、がんばれば間に合う程度にきちんと基礎から学ばせたい

うん、これだ。

そこで、近所にたまたま大きな音楽塾があるので問い合わせた。

そこは、ピアノ実技の他に、ソルフェージュや楽典など、音大受験の必須科目も学べる、大きなスクール。

メールで体験申し込みで問い合わせたら、すぐに電話がかかってきた。

担当『ヤマハさんが終了するのはいつですか?』

わたし『5月です』

担当『では、2月にもう一度連絡もらえますか?入会予定の3ヶ月前からしか体験レッスンはできないんです』

なるほど!!( ‘o’)
ちょっと早すぎましたね(笑)

ということで、今ちょうど2月!!

再度体験を申し込んでみようと思います。

体験に行ったら、ここにレポを書こうと思います。








いつか絶対買う

プロフィール

りおん

Author:りおん
ピアノ歴30年。好きな作曲家はショパン、シューマン、ラフマニノフ。小4の娘かのんにピアノを教えながら、一緒にピアノを学び直しています。母娘二人三脚でピアノ上達を目指し中♪ヤマハ音楽教室のこと、ピアノの上達法などを更新しています♪(娘はピアノ停滞中)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。