ピアノ ヤマハ音楽教室

母娘の二人三脚ピアノレッスン物語

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピティナ選曲と、新しい教室でのレッスン

2016年04月27日(水)

りおんです。

随分ご無沙汰してしまったのですが、
この期間、めまぐるしくピアノ活動を続けていたんです!

まず、思い立ったらすぐ行動がモットーのりおん。

グランドピアノを購入しましたよ!!!

はい、この話はまたゆーーっくりと。


新しい音楽教室でのレッスン。
これがとーーっても母娘共に勉強になっています。

若いと思っていたかのんのピアノの先生。
なんと、ピティナをはじめ、数々の国際的なコンクールでも入賞している実績をお持ちの、素晴らしい先生でした。

若い音大生かな?と思った第一印象を、申し訳なく思い、先生に直接、

『こんな輝かしい実績の先生にみていただいてよいのでしょうか、うちの娘』

的なことを口走ってしまいました^^;

でも先生はとても謙虚でいらっしゃって。
お育ちがとっても良いのがわかります。

田舎のご出身だそうで、小学生の頃からピティナの全国大会で、都内に来ていたそうです。
旅行に行けるからがんばろーー♪

くらいの軽いお気持ちだったそうで。
それで結果がついてくるなんて、本当に素晴らしい!

で、題名のピティナの選曲。

一次でベートーベンのソナチネを考えていたわたし。

一次の常識的には、バロック+近現代がお決まりコースになっているそうです。

そうなのねーー!

そして、近現代にカプリチェットを選択したので、バロックはブーレーになりました。

一番易しい曲は明らかにハンガリー行進曲です。

でも、ギロックのカプリチェットは半ページの曲。

ハンガリー行進曲も半ページの曲。

短い曲ばかり選ぶのは良くないのはりおんでもわかりました。

ですので、先生はブーレーを進めてくださいました。

カプリチェットはかのんがとても気に入って、すでに譜読みが終わってペダルをつけています。

でも、先生は、かのんちゃんにはハチャトリアンのスケルツォも合ってると思うけど

と言っていただきましたので、一応譜読みをしてみようと思ったものの、かのんのとっかかりが悪い^^;

この曲は、B級の子供たちに曲そうを理解できるのかな??
母りおんも難しいんですけど、、、^^;

先生に正直に聞いてみると、多分入賞している子供たちでも、曲想を理解して弾いているわけではないでしょうね~と。

真似が上手いんだと思います、と。

そうなのね~。
ちょっと安心した(笑)

この曲はまず、何調??
ってところから始まります。
答えはハ長調なんだけど、無調という感覚なんだそうです。

ピティナに出ているお子さんは、本当に表現力豊かに、体から音が沸きあがっているような、大人顔負けのパフォーマンスをされますよね。
全て曲を理解しているわけではなく、先生や大人の見よう見まね、っていう点もあるんでしょうね。
良いか悪いかは別として、ピティナに好まれる演奏って昔から変わらなくて。
良い所はどんどん取り入れて、受けるからには予選突破しないとですもんねー。

わたしは内心、今年は試しに受けてみたいので、予選だけで満足~と先生に言ったら、

受けるからには本選まで進んでほしいと思っちゃいます!と。

ほわわーーんとした雰囲気の先生の、強い意志が感じられた瞬間でした。
戦う気持ちがある先生、それに勝ってきた先生、心強いです♪

で、クラシックの選曲。
あっさりベートーベンは却下されました 笑
ベートーベンは、よほど自信のあるお子さんが選ぶ曲だそうです。

今のかのんには、うーーん、、

ハイドン!

母りおんと先生、ハモりました 笑

そう、ベートーベンの一歩手前がハイドンのイメージ。

ベートーベンはテクニックも表現力も必要です。


という訳で、一応4曲中3曲が決定。

ロマン派は、やさしい花が良いかな?
と思っているけど、先生に相談。

今はブーレーの譜読みの後半をがんばっています。

ハイドンもちょっと譜読みさせて、次のレッスンに備えようと思います。

かのんの課題、音符が読めないこと。。。

これは日に日に深刻化しています。。。。

先生に勧めて頂いたのは音符カード。

早速ヤマハに行って購入してきましたよ。

♪くおん おんぷカード S  3-01-02
価格:864円(税込、送料別)




先生も子供の頃、似たようなものを使っておられたそうです。
ゲーム感覚で兄弟でやると良いみたい。

また使っている様子もアップしたいと思います。




今日も読んでくださってありがとうございました^^

読んだよポチっ、してねっ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ピアノ初心者


ピアノ ブログランキングへ









スポンサーサイト

〔ピティナ選曲〕1曲目決定

2016年03月10日(木)

りおんです。

ピティナの選曲の仕方ですが、ずばり!!

ピンときた曲が一番‼

と言いたいのですが、色々注意点あります。

まず難易度。

課題曲が3曲あるとすると、難易度が全てバラバラです。
4曲全て、一番簡単な曲にするのはダメです!

簡単な曲を完璧に仕上げるのは難しい。
簡単な曲の採点はより厳しくなる、というイメージ。。
※これは個人の意見なんですけどね(>.<)

でも、まんべんなく、難易度もバランスがとれていると間違いないと思います。

次は調です。

同じ調の曲ばかり選んではダメ。

間違っても、2曲連続して同じ調は選ばないほうが良いですね。

追記:ピティナの趣旨は、4期の全く違った年代の曲を演奏する実力があるかという事なので、変化を表さないといけません。それをわざわざ同じ調の曲を続けて弾くって、それで違いを表現するのはよっぽど自信のある方以外はやらないほうが無難です。
被ってしまう場合は予選と本選で離して弾きましょう。

予選で同じ調の曲2曲、本選で同じ調の曲、はやめたほうがいいですね。

そう、かのんの選曲ですが、まずはクラシックから決めました。




はい。ベートーベンです♪

ただ単に、家に楽譜があったからってのもあるけど、、(^^;

なんかピンときたから(笑)

母りおんが教えられそうだから。

と言っても、この楽譜はわたしのではなかった!

だって、弾いた覚えないんだもん(>.<)

じゃあ誰の!(・・?

って一瞬焦ったけど、妹のでした。

りおん妹も一緒にピアノ習っていましたよ。

この書き込みがあるだけで、とーーっても弾きやすかった!!

かのんもこの曲は気に入ったようで、譜読みを頑張っています♪

そうそう、譜読みと言えば、、
かのんはほとんど楽譜が読めないんですよね(--;)

それが最近、ヤマハのせい?!
って気づき始めました(笑)

ヤマハの子は楽譜が読めない。
これほんと。

次回につづきます!



今日も読んでくださってありがとうございました^^

読んだよポチっ、してねっ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村ピアノ初心者










ピティナのピアノコンクールに挑戦します!

2016年03月07日(月)

りおんです。

3月1日に、ピティナのピアノコンクールの課題曲が発表になりましたね。

りおんも小学生の時に受けたコンクール。

初めて日本レベルを知り、自分のピアノレベルが井の中の蛙だったことを体感した経験でした。

かなりのカルチャーショックを受けました。

20160306235403c8b.jpg

今年で40回目だそうです。

りおんが受けたのはいつだろう(笑)


ピティナの予選で感じたあの空気。
全国レベルの大会を、かのんには早くから味わってほしいと思います。

と言っても、、もうすでに早くない!(>.<)
20160306235424ee5.jpg

未就学児から2年刻みで級が設定してあるのですが、すでにかのんはB級。

小学4年以下になります。

差がどんどん開く時期なので、すでに厳しい戦いが予想されます。

今年は練習のつもりで挑みたいと思います!


そうと決まれば曲選び!!

音源を聴いたり、楽譜をひっぱり出してきたり。

りおんなりの、曲選びのポイントなども書きたいと思います。

次回につづきます。


今日も読んでくださってありがとうございました^^

読んだよポチっ、してねっ↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村ピアノ初心者










いつか絶対買う

プロフィール

りおん

Author:りおん
ピアノ歴30年。好きな作曲家はショパン、シューマン、ラフマニノフ。小4の娘かのんにピアノを教えながら、一緒にピアノを学び直しています。母娘二人三脚でピアノ上達を目指し中♪ヤマハ音楽教室のこと、ピアノの上達法などを更新しています♪(娘はピアノ停滞中)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。